2010年04月27日

DRIED BANANA BLOSSOMSの謎

きのうに引き続き今日も新入荷のお知らせ、

100427dried-banana-blossom1.jpg
“DRIED BANANA BLOSSOMS”

乾燥したバナナの蕾(として注文したもの)、です。

以前からフィリピンのお客様にはよく訊ねられていたので、
このたび取扱いを開始したのですが、

入荷した商品の表示ラベルを見ると・・・

100427dried-banana-blossom2.jpg
ええと。

金針菜??

これはどういうことでしょうか。

(注文はちゃんと“DRIED BANANA BLOSSOMS”で頼んだんですよ!)





金針菜なら、アジアンミールでもすでに、

100427dried-lily-fowers1.jpg
売るほどどっさり。



確かに以前から、
これを見てバナナの花か、と聞く方が大勢いらっしゃって、
そのたび
『いいえ、これはユリの花の蕾です。DRIED LILY FLOWERです。』
とご案内していたのですが。。

ネットで調べてみると、
どうやらバナナの花の蕾の代用品として、
この金針菜が流通しているようなんです。

恥ずかしながらバナナ版の実物を見たことがないので、
なんとも言えないのですが、
画像検索して見た限りでは、確かに似ています。

100427dried-banana-blossom3.jpg
手前スコップの中がウチの金針菜、
中ほどが新商品のドライ・バナナ・ブロソン(ラベルには金針菜の表示)、
奥が500gパックの金針菜です。

そっくりでしょう?



はたして、
金針菜を“DRIED BANANA BLOSSOMS”として売っていいものなのか。
(だってユリの花とバナナの花は違うもの。)

フィリピンの人は分かって使っているのか。
知らずに使っているのか。

そもそもなんでユリがバナナの代用品になり得たのか。
似ているから、それだけで?

味の違いはどうなの?

それに金針菜には結構な薬効もあると言われてるんです。実は。



謎だらけ、です。



今度フィリピンのお客様がいらしたら、
このあたりの関係性を聞いてみようと思います。

ここをご覧になって
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、
ぜひご教授くださると嬉しいです。




(ちなみに豚足と一緒に煮込んだりするそうです。)




web拍手
posted by AsianMeal at 11:32 | 東京 ☁ | Comment(0) | 食品>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。